【No.24:つがる市】神武食堂の「レバニラ定食」と「担々麺+チャーシュー丼のハーフセット」

つがる市の名店「神武(じんたけ)食堂」さんへ行ってきました。
前に新聞でもお店が紹介されており、それによれば1924年(大正13年)創業。
現在は4代目のご主人がとそのご家族が切り盛りされており、地域に根付いた歴史ある食堂です。

JR木造駅
向かい側に駐車場があります

巨大な土偶が見えるのは、JR木造駅です。
縄文時代晩期の遺跡から土偶が出土したことに由来しています。
そんなインパクト大の木造駅のすぐそば(写真右手)に食堂があります。

店内メニュー札
メニュー札

店内はカウンター席、小上がり席、テーブル席とあり、賑わっていました。

メニュー

食堂定番メニューからオリジナルメニューまであって、迷います。

担々麺+チャーシュー丼のハーフセット

担々麺+チャーシュー丼のハーフセット

迷った末に注文したのは、担々麺+チャーシュー丼のハーフセット(900円)。
ご主人が東京の中華店で修業されており、人気メニューの一つとなっています。

担々麺

担々麺

辣油が浮かび、具材も映える色合いのスープです。
麺は中細。具材は、挽肉、チンゲン菜、モヤシ、メンマ。
ハーフサイズですが、普通盛かそれに近いボリュームがあります。

担々麺スープ

スープですが、辛みと胡麻の風味がたっぷり効いたコクのある、まろやかな味です。
モヤシやチンゲン菜のシャキシャキ感にコクのあるスープがマッチしてどんどん箸が進みます。

チャーシュー丼

チャーシュー丼

そして、セットで付いてくるチャーシュー丼が、担々麺との相性抜群でした。
サイコロ状に刻まれたチャーシューは甘めのタレが絡んでいます。

レンゲですくって食べてみます。
チャーシューの下の卵がふんわりとしていて舌触りも最高でした。

神武食堂さんの「担々麺とチャーシュー丼は」、担々麺の辛みとチャーシュー丼の甘みがそれぞれ引き立てていて、交互に食べるとちょうど良く、人気なのが納得できる味わいでした。

レバニラ定食

レバニラ定食(俯瞰)

再度訪問しました。
今回は、別の人気メニュー「レバニラ定食」を注文。
ご飯の他に、味噌汁とお新香付きです。

レバニラ

写真では伝わりにくいのですが、大皿に乗っていて結構ボリュームのあるレバニラです。
レバー、木耳、ニラ、モヤシ、人参が甘辛のタレに絡んでします。
運ばれて来るや否や、甘い炒め物の匂いがして、矢も楯も溜まらず、かぶりつきます。

レバニラのアップ

炒め物の香ばしい香りに、甘辛の味付けがご飯を加速させます。
そしてレバーは厚みもあって大き目です。
シャキシャキした野菜の食感もあって、食べ応えのあるレバニラ定食でした。

お店情報

店内では、他のお客さんがいろんなメニューの注文をされていて、どのメニューを食べても満足のいく一品なんだろうと感じました。
今回は定番メニューを2品頼みましたが、また違うメニューを食べたいと思うお店です。
いずれまた投稿しようと思います。ごちそうさまでした!

店名神武食堂
住所つがる市木造宮崎1-10
営業時間11:00 - 19:00
定休日火曜日
URL-
電話番号0173-42-3421
木造駅トイレ

余談ですが…木造駅の敷地に竪穴式住居が…。
と思ったら、トイレでした。笑